ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
利用可能なクレジット会社

カレンダー

2018年11月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報は
グローバルサインのSSLにより
保護しております。

データ作成時の注意

当店は完全データでのご入稿を前提とした出力を行なっております。

データをお持ちでないお客様は当店のデザイン制作代行サービスのご利用でお値打ちな出力サービスを受けるとが可能です。

完成したデータと別にJPG画像を入稿時に添付してください。

仕上がりの見本とさせていただきますので、制作されたデザインがわかる状態の画像データ(プレビュー)も同時にご入稿ください。(フォトショップ等の画像データでご入稿される場合は不要です)

モニターでの色とプリンター出力の色では彩度に差異が出ます。

モニター(RGB)とプリンター出力(CMYK)では発色方法が異なるため彩度に差異が生じてしまいます。また、作業環境によっても色合いのずれが生じる為、お客様より頂く見本画像は色味の確認ではなくデータの文字ずれレイアウトを確認する為のものであることを予めご了承ください。

お客様の制作されるアプリケーションをお選びください。

イラストレータ

必ず当店より配布させていただいているテンプレートで制作してください。
用紙のサイズごとにテンプレートを配布させていただいております。
テンプレートにはデータ作成に必要な注意点やガイドがありますので、データ作成間違いを未然に防ぐことができます。もし、異なるテンプレートやテンプレートを使用されずに入稿していただいた場合、出力ミスを避けるため、出力作業を中断して再入稿のご連絡を差し上げます。その間、データ確認がストップしますのでご注意ください。
文字は必ず全てアウトライン化して保存してください。確認する
全ての文字とレイヤーがロックされていないことを確認して、「選択→すべてを選択」「書式→アウトライン作成」でアウトラインの作成が完了。
全てアウトラインがとれていれば、「書類情報→フォント」「文字→フォントの検索」欄が空欄になります。
断ち切り印刷の場合は塗り足しをつけてください。確認する
背景全体に柄を入れたり、色を塗ったりした場合、断ち切りといって図柄を断ち切ることになります。その際、断ち切り線ギリギリまでしか図柄がないと断ち切りの若干のズレによっても空白が出てしまします。それを避けるためにするのが塗り足しといいます。
塗り足しは断ち切り線から3mmづつ、トンボの外側の線が塗り足し線となります。
必ずその線までは塗り足しをつけてください。
ドキュメントをCMYKモードで制作してください。確認する
よく間違いをされるのがRGB設定のままで保存されているデータが多いです。
これはかなり大きな違いで、RGBベースで制作されるとCMYKに戻した時に色味が大きくずれてしまいます。よって、制作される前にCMYKモードにしておかないと後からRGBに切り替えてしまっては遅いのです。
必ず「ファイル→ドキュメントのカラーモード→CMYKカラー」にして制作してください。
配置画像は埋め込みを推奨しています。
配置画像は通常リンクといい、画像ファイルを読み込んでいる状態です。ただ、この状態は非常に互換性がシビアで、Win ・Mac間でファイル名の文字化けや文字数オーバーが起きるとリンク落ちしてしまいます。これを避けるために画像を埋め込むのですが、その分容量が大きくなるデメリットがあります。
容量が500MBを超えるようであればリンクのままで構いませんが、500MB以内であれば入稿に差し支えませんので、埋め込みをしていただく方が安心です。
配置画像はCMYKに変換してください。確認する
デジカメなどで撮影された画像は通常RGBの状態です。
RGBデータのままで配置すると、イラストレータ上でカラーモードがCMYKであっても画像はRGBの状態で保持されてしまします。 画像も必ずCMYKに変換して配置してください。特に配置画像を埋め込むと後からRGB変換ができませんので、ご注意ください。
ブラシ等のフィルター効果は全て分割・拡張を行ってください。確認する
ブラシやフィルター効果のままで出力すると、効果が適用されない状態で仕上がってしまうことがあります。これは、出力するまでわかりませんので必ずデータ上は全て分割・拡張でイラストレーションに変換してください。「オブジェクト→分割・拡張」で可能です。
なお、ブラシオブジェクト・パターンオブジェクトの有無は書類情報で確認できます。

フォトショップ

画像はCMYKモードに変換してください。確認する
画像は通常、デジカメなどで生成された状態はRGBモードとなっております。
これは、モニタで表現するのに適した色要素なのですが、印刷は主にCMYKのインクで行う為、RGBのままでは色味が置き換わって表現されてしまいます。
なので必ずお客様の環境でCMYKに変換して色味にズレのないことをご確認の上で入稿してください。「イメージ→モード→CMYKカラー」で可能です。
レイヤーは統合して保存してください。確認する
psdデータで入稿される場合、特にレイヤーを統合せずに入稿された場合、予期せぬエラーが発生することがあります。納期遅延を避ける為に必ずレイヤーは統合していただくようにお願いいたします。
断ち切り印刷の場合は3mm4辺に塗り足しをつけてください。
四隅まで絵柄や写真の印刷を入れた状態のことを断ち切り印刷といいます。
イラストレータの場合はトンボがありますが、フォトショップにはトンボがありませんので仕上がり寸法よりも3mmづつ4辺を大きくして画像を作成してください。
画像のサイズが足りないと四隅に余白が出てしまいますのでご注意ください。
イラストレータもお持ちの方は当店のテンプレートをダウンロード後、イラストレータ上で画像配置していただいて入稿していただく方が安心です。
画像解像度は300dpiで制作してください。確認する
画像解像度とは、画像のドットの細かさを意味しますが、通常モニターは72dpiです。
それに対して、印刷の解像度は300dpiという細かさが必要になります。
この数値が小さいと、画像自体が小さくなり、無理やり拡大するとドットが大きくなり、ギザギザな仕上がりになります。
これを避ける為に、新規で画像を作成する際に仕上がり寸法を入力後に解像度を入力します。
ここで300dpiにして画像を作成すればそのデータは印刷に使用できる解像度を持つことになります。しかし、この画像の中でまた読み込んだ画像を拡大したら同じことになります。
読み込んだ画像がそのファイルの中でどのような大きさになるかを確認していただくと、その(読み込んだ)画像の大きさ(解像度)がわかります。
思いもよらないギザギザでボケた仕上がりにならないように、特にご注意いただきたいのがこの解像度です。「イメージ→画像解像度」で確認できます。

オフィス系

ご注文・入稿の前にご確認ください。
オフィス系のソフトは本来、印刷に不向きな為データは必ずRGBのままとなります。
これを変換すると意図しない色に置きかわる恐れがある為、オフィス系データはそのまま印刷させていただきます。その為、彩度や色味のずれが起きることは避けられません。
さらに、データの作成方法によっては文字化けやレイアウトが崩れる恐れがございます。
出力前にお客様には当店で変換したPDFファイルの確認をして頂きます。
修正が必要な場合は費用が発生する可能性がありますので予めご了承ください。
以上の点をご了承いただいたお客様のみ出力を受付させていただきます。
データはPDFに変換の上、確認用画像と一緒に入稿してください。
オフィスデータはそのままでは出力ができないので、お客様の環境でPDFに変換していただ きます。変換していただいたPDFデータとともに確認用の画像(スクリーンショットなど) を一緒に入稿データとしてお送りください。
Word、ExcelファイルのPDF変換方法